【菅野美穂の本名は…】

え?菅野美穂の本名を知らない?

それはいけない。あなたは菅野美穂が好きかもしれない。なぜなら、この記事にたどり着いたからである。つまり、菅野美穂のファンだ。もしくは野次馬のどちらかだろう。この機会に菅野美穂の本名を知っておこう。ちなみに、あなたは次のようなことを勘違いしていないだろうか?

スポンサーリンク



それは、菅野美穂の本名は菅野美穂ではないということだ。じゃあ、なんて名前だろう?それはこの記事を読んでいくうちにわかるだろう。

ちなみに、この記事であなたが知るのはたくさんある。それは、菅野美穂が号泣会見をした理由、ヌード写真集を出した理由、実は貧乏だったということなど・・・。

菅野美穂の本名は…

【タントCM 菅野美穂の旦那役って誰?】画像付

菅ちゃん
カンノちゃん

菅野美穂のあだ名はこの二つのようだ。菅野美穂のあだ名は美穂ちゃんではないらしい。もちろん、そう呼ばれることもあるかもしれないが、よく呼ばれるのは菅ちゃん。

これは、ウィキペディア情報である。

なぜ、菅野美穂を批判する人が圧倒的に少ないのか?

言うまでもなく、ビッグ女優や有名人には批判は付き物である。

これは誰もが知っている。むしろ、批判されない人はほとんど有名ではない。支持がたくさんある人には、比例して批判する人も多いのは当然だ。ただ「可愛い」や「格好いい」という理由で有名な人ももちろんいるだろう。

しかし、人の心に影響を与える人というのは、多くの人から好かれる分、多くの批判もある。例えば島田紳助だ。彼を好きな人はめっちゃ好きだが、嫌いな人はめっちゃ嫌いなのだ。

それはなぜか?

菅野美穂、島田紳助。

島田紳助はメッセージのある言葉を発している。はっきりものを言う。自分の言葉でテレビに映っていても堂々と言う。島田紳助によって感動すた人、助けられた人、人生が変わった人は少なくない。

人生が絶望の檻の中にいる時、島田紳助のお笑いトークで救われた人もいる。これは実際にドキュメンタリーとして放送されていた。

人の心に残り、影響を与える人には批判は付き物だ。凄い人物なのだ。偉人の言葉だったか、アメリカの億万長者だったか忘れたが、ある人はこう言っていた。

批判される側の銅像はあるのに、批判する側の銅像は存在しない

つまり、何が言いたいか?

批判する人は、全く尊敬されないということだ。むしろ、人生を損している。自分の人生がうまく行くことよりも、人の批判に焦点を当てているのだ。

この話が一体、菅野美穂と何の関係があるのか?とあなたは思っていることだろう。

それが、大有りなのである。

原則を無視した菅野美穂…

まるで、原則を無視している。

というのも、菅野美穂はビッグ女優であり、知らない人もいないくらいだ。人気もあり、支持もあり、ドラマや映画にも引っ張りだこだ。なのに、批判する人が圧倒的に少ないのはどういうことだろうか?

もちろん、全く批判する人がいない訳ではない。好きでない人もいるだろう。しかし、批判の声が圧倒的に少ないのだ。

スポンサーリンク



菅野美穂が好かれる3の理由

【ギルティの評判とは?】菅野美穂出演ドラマ

菅野美穂が好かれるのは当然だった…

あなたも調べてみればすぐに分かる。

あなたの好きな芸能人を一人一人調べてみよう。しかも、ウィキペディアで。すると、一つだけ気づくことがあるだろう。菅野美穂だけ、いように褒められた文になっていることに…

菅野美穂が大人気の理由は3つある

この3つはあなたも理解していると思う。なぜなら、バラエティー番組、トーク番組、その他のテレビ出演時にはほとんど発揮されている点だからだ。

この原則をあなたも取り入れれば菅野美穂のような好かれる人間になれるかもしれない。

理由その1

『気配りが自然にできる』

菅野美穂は、どんな人にも優しく接する。撮影スタッフでも、裏方でも関係ない。菅野美穂は常に謙虚なのだ。例えば、菅野美穂がお笑い芸人のオードリーと「鬼瓦!」をしたときのこと。お笑いが大好きな菅野美穂は、女優を忘れて自分自身もお笑いに混ざるのです。

気配りと何の関係があるんだ?とあなたは思ったかもしれない。関係あるのだ。

実は、このあと、この撮影は事務所からNGをだされたのだ。菅野美穂がそんなとき、どんな行動を取ったか想像できるだろうか。事務所にお願いをしたのだろうか?ショックを受けたのだろうか?事務所に対して腹が立ったのだろうか?

いや、違う。

菅野美穂は撮影スタッフにこう言ったのだ。

撮って頂いたのに申し訳ないです…

この言葉にカメラマンはびっくりした。まさか謝れるとは思っていなかった。スタッフ側は俳優陣には見下されたり、上から目線な対応をされることが多いらしい。もちろん、実際の現場はそれぞれで本当のことは分からない。

でも、ほとんどの人は「撮影してもらって当たり前」な態度になっているに違いない。

私たちの生活に対して考えてみよう。あなたはコンビニに行ったときレジで、「ありがとう」と心がこもったお礼ができるだろうか?スーパーのレジで「ありがとう」と言えるだろうか?バスから降りるとき、「ありがとう」と言えるだろうか?

飲食店から出るとき、「ごちそうさま」と言えるだろうか?

「やってくれて当たり前」な精神になっていないだろうか?

残念ながら、ほとんどのひとはそうしたことはしない。菅野美穂はこんなちょっとしたことを気遣う能力がある。「いいとも」で電話を受け取るとき、しっかりと「ありがとう」という。よくよく考えると、ほとんどの芸能人は全てのことを当たり前にもらっている。

別に悪いことではない。それが当たり前になってしまているからだ。しかし、菅野美穂の当たり前はちょっとした心遣い、思いやり、気配りなのだ。

理由その2

『謙虚な精神』

これは、言うまでもないかもしれない。

菅野美穂は謙虚なのだ。では、一体どのくらい謙虚なのだろう。実は、一つのCMで何千万円もの収入が入るのは芸能界では当たり前だ。ドラマや映画よりも稼げる。菅野美穂の場合はドラマの主演、映画出演、CM契約の多さ、これらで毎年億単位で稼いでいることは言うまでもない。

だからといって、偉そうに見えるだろうか?

いや、見えない。ほとんどの芸能人は、仕事を選ぶ。もちろん、自分のイメージが崩れないようにに選ぶこともあるかもしれない。逆に、好き嫌いで選ぶ人もいるかもしれない。自分にはもっと価値の高い役がある!と言って断る人もいるかもしれない。

しかし、菅野美穂がどんな仕事も選ばずに、、、こう言うのです。

 

こちらが望んでも、役をいただかなくては続いていかないお仕事ですから

謙虚さが伝わるだろうか。現在、菅野美穂は子供を育てている。次は第二子も登場するかもしれないとも言われている。しばらくドラマや映画に出ていない。

しかし、なぜ人気が衰えずに支持があるのだろうか?誰もが戻ってくることを望んでいる。家庭の幸せも望んでいる。みんな応援しているのだ。

成功する人の共通点の中に、『謙虚』が含まれていると言われている。菅野美穂がいい例かもしれない。

理由その3

『お笑いが好き』

ここまで読んだあなたには、もうお気づきだろう。

菅野美穂は笑うことが好きだ。具体的に言うと、お笑いが大好きだ。芸人と一緒にネタを披露するほどだ。事務所としてはあまり好まないかもしれない。しかし、菅野美穂は自分のキャラクターよりも笑うことを優先している。笑いは伝染することを知っているのかもしれない。

機嫌の悪い人の近くにいれば、周りの機嫌も悪くなるのは言うまでもない。逆に、いつも笑っている人の近くにいれば、周りも楽しくなるのも当然だ。

菅野美穂が登場するトーク番組はいつも笑いに溢れている。

菅野美穂の本名と卒アル

菅野美穂の本名と卒アル

菅野美穂の本名と卒アルだ。これは小学生の卒アルのようだ。しかし、本名が載っていない。本当に菅野美穂の卒アルかどうかを証明することはできないが、そうだと言われている。眼鏡とは意外だった。

ちなみに、菅野美穂の元カレとの温泉もあります・・・

【菅野美穂と岡田義徳の熱愛!】温泉&ブブカ画像

菅野美穂は小学生の時から笑顔満載だったようだ。不思議に思うことがある。一体、前髪はどうしたのであろうか?

菅野美穂の卒アルと本名

菅野美穂の本名と卒アル

これは、おそらく中学生の本名と卒アルだろう。上の写真と似ている。似ているというより、おそらく同一人物だろう。菅野美穂の雰囲気が出ている。

そして、もうお分かりだろうが、菅野美穂の本名は菅野美穂だ。冒頭で述べた「菅野美穂は本名ではない」という意味は、堺雅人と結婚したからという意味だ。

現在の本名は堺美穂である。

ちなみに堺雅人の卒アルと本名も公開しよう。

堺雅人の本名と卒アル

【本名&卒アル流出!】新垣結衣と綾野剛、堺雅人…6

私は堺雅人の卒アルほど面白いものを知らない。

なぜなら、高校生とは言えないコメントが書いてあるからだ。画像のコメントを見てほしい。高校生がこんな落ち着いた言葉を放つだろうか。

この頃、堺雅人は公務員を目指していたため、俳優になるとは思ってもいなかっただろう。

そして、本名はそのままで堺雅人だ。

芸能人の卒アルと本名の流出度は凄い。菅野美穂の卒アルと本名も流出しているが、彼女らは芸名も本名も同じである。おそらく、それほど気にしてはいない。

しかし、綾瀬はるかや石原さとみのようなビッグ女優に関しては少し痛い話かもしれない。なぜなら、芸名と本名がまるで違うからだ。

石原さとみはの本名と卒アルも流出している。

では、なぜ流出したのであろうか?

石原さとみの本名が流出…

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ